バッテリーまるわかり博士

"ジャッキには様々な種類があり、貴方が現在乗っている車にあったものでないとそれを利用することは出来ません。
勘違いされている方がいらっしゃいますが、2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ないというのは嘘です。

 

クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになりますので、必ず2t用のジャッキが必要となるのです。

 

なので貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量で必要な機能を持ったジャッキを選んでください。

 

車には必ずジャッキが搭載されているハズです。
そのジャッキについて今一度よく考えてみてくさいね。

 

*耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
*最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
*最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
*リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)"





高円寺 賃貸クリック
高円寺 賃貸の専門です
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/


ジャッキについて今一度よく考えてみてくださいブログ:20190720

あたしは、減量というのは「生活」だと思うんです。

決して一発の花火のように、
イベントとして1回やってそれで終わりというものではなく、
一生続けていく生活習慣だと思うんですよね。

だから、日常生活に無理なく溶け込める方法でなければなりません。
そのためには
「小さなことをコツコツと」続けることがとても大事だと思います。

例えば、トレーニング。
スポーツジムに通うなど、
大きなイベントとして実行することができなくてもいいのです。
まとまった時間やお金を
減量に投資する必要なんてありません。

そんな風に行なった減量は、
時間やお金が続かなくなった時点でリバウンドして元通りです!

小さなことをいくつも実行し、つなぎ合わせていくほうが、
減量を長続きさせることになり、
ひいては大きな成果につながるはずです。

「小さなこと」とはどんなことかというと…
例えば、
・ごはんは最低30回は噛むとか、
・お湯が沸くまでの間にダンベルを10回行うとか、
・エレベーターを使わずに階段を上るとか、
・テレビを見ながらダンベルを20回やるとか、

こういったほんの小さなことを少しづつ行うことで、
日常生活の中でも無理なく快適に
減量を取り入れることができるんです!

食生活でも、
大きく食事制限をするとか、
減量レシピを毎日自分で作る
…などといった大きなことを行わなくても、

まずは
買おうとしているお菓子のカロリー表示を見るだけでも、
購入するお菓子自体に少しづつ変化が現れますし、
より低カロリーなお菓子等に少しづつ置き換えていけば、
やがて減量に大きな違いとなって表れてくるはずです。



ホーム RSS購読 サイトマップ