バッテリーまるわかり博士

"エンジンオイルのメンテナンスを行わうことをしなければ最初の内は燃費の悪化や出力低下等の症状が発生してきてしまいます。
そしてエンジンから異音が出てくることがあります。

 

実はもうその時点ではすでに遅くなっておりさらに続けて使用してしまうと最終的に走行不能になってしまいます。
なのでエンジンオイルのメンテナンスは定期的に行うようにしてください。

 

最近のほとんどの自動車というのは数万点以上という部品の数々と、約10数種類程度の油脂類によって構成されています。
そして油脂類の中でもカーユーザーが最も気にしてメンテナンスしなければいけないものと言えるのがエンジンオイルなのです。

 

つまりエンジンオイルは車にとってというよりも命であるエンジンに対して非常に重要な役割を持っています。"





高円寺 賃貸
高円寺 賃貸
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/


エンジンオイルは車にとってというよりも命であるエンジンに対して非常に重要ブログ:20181129

母親の身体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型を母親体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
子供がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分の母親か夫の母親に
子供を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母親や夫の母親がいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでも母親の都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには子供を預けない。

保育園に子供を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母親の方も未練たらたらで子供を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

子供は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、子供たちに目を届かせなばならないのだ。

ホーム RSS購読 サイトマップ