バッテリーまるわかり博士

"エンジンオイルのメンテナンスを行わうことをしなければ最初の内は燃費の悪化や出力低下等の症状が発生してきてしまいます。
そしてエンジンから異音が出てくることがあります。

 

実はもうその時点ではすでに遅くなっておりさらに続けて使用してしまうと最終的に走行不能になってしまいます。
なのでエンジンオイルのメンテナンスは定期的に行うようにしてください。

 

最近のほとんどの自動車というのは数万点以上という部品の数々と、約10数種類程度の油脂類によって構成されています。
そして油脂類の中でもカーユーザーが最も気にしてメンテナンスしなければいけないものと言えるのがエンジンオイルなのです。

 

つまりエンジンオイルは車にとってというよりも命であるエンジンに対して非常に重要な役割を持っています。"





高円寺 賃貸
高円寺 賃貸
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/


エンジンオイルは車にとってというよりも命であるエンジンに対して非常に重要ブログ:20190210

減量で失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「減量中は毎日運動する」とか
「減量している間はおやつを食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めた減量のルールを破ってしまうと
「もうわたしはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきた減量も、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

毎日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
1日とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、減量のやり方について、
一週間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

一週間ぐらいで減量の反省をすれば、
減量の成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

1日単位でみると、
夕方食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
1日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中で減量にとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
減量は前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、減量中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これが減量の基本だと、わたしは思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ